日々の出来事を綴っていきます


by blue_tango613

ワラビ採り紀行

上空で<ピッピッ>、意外と近くで<ホーホケキョ>とはっきりとしかも澄んだ鳥の声を聞くと「あ~のどかでしあわせ」と今年も来られたことがうれしくなってきます。
オゾンいっぱいの山の中、これからワラビ採りのはじまりです。リュックを背負って、ビニール袋を二つ手に持って斜面を登っていきます。なぜ袋を二つかと言うと、ワラビとゼンマイを分けるためなのです。
阿蘇の小国に嫁いだ長女のお姑さんに、毎年ワラビ採りに連れて行ってもらいます。今年は去年より2,3日遅いだけなのに、<これから>みたいでまだ穂が開いていませんでした。
e0088531_13214694.gif

ここにも、あそこにも、採り放題なんです。地元の人さえ入ってこない深-い山、携帯電話も通じません。摘んだワラビは袋に入れていき重たくなったらリュックにいれ、次の袋に変えます。だんだんと背中が重くなってくると、地べたに座り込みちょっと休憩、そのまわりには、かわいい花も目に付きます。
e0088531_15254100.gif

斜面に沿って横に歩くのってとてもきついんですよ。<(_ _)>足の側面に力をグッと入れてバランスをとりながら進んだり上ったり降りたり。
e0088531_15315338.gif

e0088531_15324442.gif
山桜が満開でしたが山藤はまだつぼみでした。もうリュックが重くてよろよろするのに、それでもワラビに手が伸びます。だって、「私をおいて行かないで」って言ってるんですもの。
e0088531_15421867.gif

山から下りたところに山藤が咲いていました。
e0088531_15463710.gif

うちに帰ったらワラビでビール飲もう~っと。
[PR]
by blue_tango613 | 2006-04-30 15:53 | 四季